FAQ
ここでは学生のみなさんから寄せられた質問・疑問などにお答えしていきます。
Question1

協立広告の組織とそれぞれの仕事内容を教えてください。

Answer 1

協立広告は大きく分けて【営業部】【媒体部】【マーケティング部】【総務部】という4つのセクションから成り立っています。
各部署の仕事は以下になります。

【営業部】
営業部はご想像の通り、お客様の元へ訪問し広告の出稿を頂くことが仕事となります。そのために、お客様から情報や課題を聞き出し、様々な企画提案を行い、担当者とのコミュニケーションを密に取ることを主に行っています。お客様に提案内容を採用されると、広告媒体の確保、広告制作の進行、企画運営の確認から、媒体部やマーケティング部のスタッフへの仕事依頼やスケジュール管理など、お客様の仕事と社内スタッフの仕事全てを掌握する役割を担います。そういう意味でも、当社の営業は単なる連絡係ではなく、総合的な広告プロデュースを行う“プロデューサー”であると言えます。
テレビ・ラジオ・新聞・雑誌といったマスメディアや、Webといったデジタルメディア、屋外ボード、ビジョンといった屋外広告を扱うセクションもあります。当社は交通広告を中心に扱っていますが、テレビ×交通、交通×Webといった横断的・統合的クロスメディア展開の提案も行っており、交通媒体以外のメディアを扱うセクションを設けています。

【媒体部】
媒体部は当社の専門分野である交通広告(電車内・駅)に特化した部署で、電鉄会社をはじめとする媒体社との折衝に始まり、媒体管理から媒体情報の流通まで、交通媒体に関わるあらゆることを担当し、営業部のメンバーと連携して仕事を進めていきます。駅構内のジャック展開やデジタルサイネージ広告といった特殊展開、イベント、そして新規メディアの企画開発から運営・実行・管理にいたるまでプロモーション業務に関わります。

【マーケティング部】
マーケティング部は主にメディアパワーの数値化を行うことを中心とした業務を行っています。
広告展開を実施する上でどのような方法を取ることが最適なのか、また広告出稿に際しての効果や結果はどうであったのかをデータや調査から検証し、成果と次なる課題を見つけ、一層のプロモーション活動へつなげる役割を担っています。
【総務部】
一般的な経理・人事といった会社を支える基本的な部分を担当するセクションとなります。将来の有望な戦力となる新卒採用業務や、昨今ワークライフバランスへの意識が高まりつつあることを受け、社員がより働きやすい環境を作る福利厚生制度の整備もこのセクションに集約され、経営計画だけに留まらない重要な業務を担っています。

Question2

説明会や選考は東京以外では行われませんか。

Answer 2

大変申し訳ありませんが、説明会や選考の開催は全て弊社(東京)のみで実施させていただいております。
採用が決定すれば毎日働くことになるオフィスで選考の全てを行うことで、少しでも会社の雰囲気を知っていただきながら皆さんの側でも就職先を選ぶひとつの判断材料としていただければと考えております。
遠方からわざわざご足労いただく方には、選考が進むごとに何度もお越しいただくことになり、金銭的なご苦労もおかけしてしまうことになりますが、その分誠意を持って選考に臨ませていただきますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

Question3

交通広告が中心とのことですが、取り扱う媒体の内訳を教えて下さい。

Answer 3

協立広告は創業以来、交通広告を扱うことで発展してきました。その結果、交通広告の取扱いは7~8割と非常に高く、協立広告は交通広告における高い専門性を有する業務を遂行しています。一方で、昨今インターネットの普及に伴い、生活者のライフスタイルとそれに付随してコミュニケーションや情報の取得方法も大きく変わりました。当然のことながら、当社としてもこの変化に対応するべく、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌といったマスメディアをはじめ、Webといったデジタルメディアの取扱いも増えています。交通広告をメインに置きつつも、広告展開を行う上で、生活者に対してどうすれば最適なコミュニケーションが図れるか総合的にプランニングを行い、クライアントとともに成長を促していきたいと考えています。

Question4

協立広告で働く上で持っているとよい知識や資格はありますか。また、自動車運転免許は必要でしょうか。

Answer 4

特別に必要なものはありません。
もちろんデザインや制作、媒体など広告に関する知識は働く上では必要になっていきます。しかしながら、必要な知識は必要であるがゆえに業務を通じて身に付いていくところが多くあります。従って、事前に何かしらの知識を持つことは入社後、仕事を進める上で有利になることもありますが、だからといって何か広告に関して特別なことをする必要もありません。日々の業務で知識を吸収することが可能ですので、その場でどんどん経験を積んで吸収してください。入社後は新入社員研修のプログラムも用意していますので、研修を通して最低限の知識は身に付けられるようにしています。

なお、普通自動車免許については、場合によっては会社の自動車を利用してポスターや機材などの運搬・搬入を行ったりすることもありますが、普段は特に必要ありません。事実、当社でも免許を保有していない社員はいますし、保有していてもペーパードライバーという社員もいます。
自動車免許の有無については、業務、採用とも特に問うてはいません。

Question5

採用の際の配属方法について教えてください。

Answer 5

協立広告では職種別の採用は行っておりません。一括採用を行い、その上で入社するみなさんを各部署に配属する流れとなります。
配属の方法については、基本的に会社の方針により決定させていただいております。その際、「皆さんのご希望」「皆さんの素質」「会社の人材環境」といった要素を考慮し、それらを鑑みて総合的に配属を決定するようにしていますが、必ずしも希望する部署に配属されるとは限りません。

Question6

HPを見ると「企画・制作」の業務内容がありますが、職種には「クリエイティブ職やデザイン職」というのがありません。広告制作の仕事には携われるのでしょうか。

Answer 6

クリエイティブワークは外部の制作会社とともに業務を行うため、クリエイティブ職はありません。当社はメディアバイイング業務を中心としているため、ポスター・新聞・雑誌などのグラフィックやテレビCMなどの映像コンテンツといったクリエイティブ制作は外部の制作会社をパートナーとして業務を依頼しています。

しかしながら、当社には、ポスターのキャッチコピーやCMコンテを自ら書いて提案する営業もいますので、当社に入社したからといって、必ずしもクリエイティブの仕事ができないということではありません。あなたのやる気次第で、自らグラフィックデザインやキャッチコピー、絵コンテを書いて提案し、世の中に広告を出すことも可能ですので、門戸は開かれています。ただし、繰り返しになりますが、クリエイティブワークを専門とする部署は当社にはありませんので、とにかくクリエイティブ職で働きたいと考えている方には慎重に検討いただいた方が良いかと思います。

Question7

入社後の研修について教えてください。

Answer 7

社会人として働く上でのマナーや日常業務で必要とされる最低限の知識を、研修を通して身に付けていただきます。
名刺交換や電話応対、席次など社会人として必要最低限なマナーを学んでもらうことに始まり、当社で働く上での知識を、座学や先輩との同行などを通じて学んでもらい現場で働くための力を養います。また各部署で一定期間研修を行い、会社全体の業務を把握することでよりスムーズに仕事が行えるようスケジュールを組んでいます。

Question8

将来的に産休や育休といった制度は利用できるのでしょうか。

Answer 8

当社では育休や産休が取りやすいよう制度を整えています。
昨今ワークライフバランスを重視する考え方の意識が高まりつつある中、当社もより働きやすい環境づくりの一つとして、育休・産休制度については整備をしています。事実、ここ数年、産休や育休を取り、育休を経て現場に戻り活躍している社員も多数います。

このページの先頭へ